染み抜きについて

衣類についた汚れの中でも一番面倒なのが染み抜きであり、時間が過ぎてしまうほど落としづらいものです。 ですから、染みが見られたら、素早く染み抜きすることが大切です。 けれども、単純に洗濯を実践したというだけでは、染みが落ちないことがほとんどです。 染みは、種類によって取り方が違いますので、染みの種類に合わせた染み抜きの方法を選ぶことが必要です。 水溶性の性質の染みは解消しづらいわけではないですが、液体に溶けない性質のものや油性の染みの場合、取り除くのが難しいです。 そして、布地の素材が異なれば染み抜き方法が違います。 水洗いに適さない素材や、染み抜きにまず向いていないような素材もありますから、前もって確かめることが重要です。 家庭における染み抜きは、染み抜きに対応した洗剤もしくは漂白剤を使う割合が高いといわれています。 今では、環境に気遣った重曹や酢も染み抜きに取り入れられてきています。 こうしたものを利用して、服の素材やどんな染みの種類に当てはまるかによって、手を使って優しくもみ洗いしたり、ブラシ・タオル・ヘラなどを駆使して染み抜きをやっていきます。 擦れば染みは落としやすくなると思われがちですが、これは誤りです。 擦って落とそうとすると、服を傷つけてしまうこともありますので、好ましくありません。 自宅で実践する染み抜きは、深刻な状態だと取り除くことができないこともあります。 無理やり落とすことは生地にダメージを与えてしまいますから、クリーニング屋に持参するのもいい判断だといえます。 染み抜きは、一般料金とは別料金で対応しているところも少なくないので、持ち込む前にチェックしておく必要があります。